簡単な借地権

借地権とは、土地をまず優先的に借り入れをして、継続して借りることが出来る権利のことを言います。
そこには、「地上権」「土地賃借権」、「永小作権」「地役権」の種類があります。借り入れしている人たちの立場から言えば、家は自分のものだけど、土地は、借り物と言うちょっと中途半端な状態のことを言います。
借地権を持っている人たちにとって、土地の固定資産税を納付する義務はないというメリットがあります。固定資産税は、土地を所有している人たちが支払いするべきものだからです。

借地権と言うものはちょっと中途半端な状態なのです。
だから、家を持っているのに、突然土地の所有者から出ていってくれと言うことになり、そのような場合、人間は蝸牛のように家を背負って出ていくと言うことが出来るはずもありませんし。
そのため、中途半端な状態であるものの、権利と言うことで住む人たちを守ってくれていることになります。

今度は貸し出していれる人たちにとって借地権は面倒な存在となってしまうかもしれません。借地権があれば、永遠に住み続けることが出来、貸し出ししている人たちは、永遠に他の目的で使用出来ないことになります。
しかし残念ながら借地権とは、本当にそのような貸し出しする人たちに不利な条件のようです。
どうしても土地を明け渡して欲しいと言う場合には、現在の土地所有者が借地権利者に対して立ち退き料というものを払う必要が
出てきます。
借地権が何か判らないと言う人たちにここではかなり判りやすいアドバイスをします。


Copyright © 2014 借地権の仕組み All Rights Reserved.